受賞記念講演

木村賞受賞記念講演

「Stability from modules with nonlinearity and saturation」

日時

3月7日(月)  15:40~16:20

場所

フラッテンホール

講師

ito

伊藤 博 君(九州工業大学 情報工学研究院 システム創成情報工学研究系)

概要

Stability addresses regularity, transient or asymptotic behavior, stationary properties and robustness of dynamical systems. Nonlinearity renders such properties diverse and it allows us to appreciate and make use of dynamics in a huge variety of ways, which sharply contrasts with linearity providing the beauty of uniformity. One may think that nonlinearity only makes things tough and challenging. It, however, resides everywhere in our natural world. Such mechanisms are not complicated by nature and not too hard for us to understand either if we find a way to get rid of uniformity. A recently developed framework based on integral input-to-state stability (iISS) addresses stability of systems by utilizing nonlinearities of components. Its mathematical idea is only to allow for curves and infinity. Naturally, operator-theoretic approaches break down. If one sticks to the state space where the dynamics evolves, the concept of energy accept curves and infinity. An example of nonlinearities the iISS framework covers is saturation mechanism which denies input-to-state stability (ISS). This talk briefly presents the iISS framework that extends and goes beyond the existing ISS framework by reforming the theory of constructing Lyapunov functions.

※  本講演は英語で行っていただく予定です/This lecture will be given in English.

講師略歴

伊藤 博(いとう ひろし)君

1995年慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了.博士(工学).同年九州工業大学情報工学部講師.2013年9月同大学教授,現在に至る.主として非線形およびロバスト制御理論とその応用に関する研究教育に従事.計測自動制御学会,IEEE,電気学会,日本機械学会などの会員.1990年度計測自動制御学会学術奨励賞,2008年計測自動制御学会制御部門パイオニア賞,Asian Journal of Control Best Paper Award of 2013-2014など受賞.

Biography:
Hiroshi Ito received the Ph.D. degree in Electrical Engineering from Keio University, Japan in 1995. He has been with Kyushu Institute of Technology, Japan since 1995. He is currently a Professor at the Department of Systems Design and Informatics. He received the 1990 Young Author Prize of The Society of Instrument and Control Engineers (SICE), and the Pioneer Award of SICE Control Division in 2008. He was awarded from Asian Journal of Control the Best Paper Award of Years 2013-2014. He has served as an Associate Editor of IEEE Transactions on Automatic Control. Currently, he is an Associate Editor of Automatica, and European Journal of Control. He is also on the IEEE CSS Conference Editorial Board and the SICE JCMSI Editorial Board. He serves as the Chair of the IEEE CSS Technical Committee on Nonlinear Systems and Control. He is a Senior Member of the IEEE.

 


パイオニア賞受賞記念講演

「システム表現からの出発:和分型状態方程式と離散ダイナミクスモデリング」

日時

3月9日(水)  9:00~9:40

場所

フラッテンホール

講師

K_Kobayashi

小林 孝一 君(北海道大学 大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻)

概要

適切なシステム表現(数学モデル)の選択は制御系設計の第一歩として重要である.例えば,伝達関数であればPID制御器,状態方程式であれば状態フィードバック制御器というように,選択すべき制御系設計法を絞り込むことができる.さらに,制御問題を解く計算時間が改善されることもある.本講演では,講演者がこれまでに取り組んだシステム表現に関する話題として,和分型状態方程式表現,およびハイブリッドシステムにおける離散ダイナミクスのモデリングについて紹介する.

講師略歴

小林 孝一(こばやし こういち)君

2000年法政大学大学院工学研究科修士課程修了.2000~2004年新日本製鐵(株)勤務.2007年東京工業大学大学院情報理工学研究科博士後期課程修了.同年北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教,2015年北海道大学大学院情報科学研究科准教授となり現在に至る.システム制御理論とその応用の研究に従事.博士(工学).計測自動制御学会,システム制御情報学会,電子情報通信学会,電気学会,IEEEの会員.

 


パイオニア技術賞受賞記念講演

「データ駆動型制御器チューニング ―コストダウンへの貢献とモデリングへの展開―」

日時

3月8日(火)  9:00~9:40

場所

フラッテンホール

講師

O_Kaneko

金子 修 君(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 知能機械工学専攻)

概要

制御対象のデータを用いることで,制御器を直接的に更新またはチューニングするアプローチが,実システムに対する制御の一つの活路として,近年,実応用の現場を中心に注目されつつある.本講演では,そのような背景のもと, 一組の操業データのみを直接用いた最適化により,所望の応答を実現するFictitious Reference Iterative Tuning (FRIT) に関する講演者の研究成果を中心に,その考え方,理論的側面,実例,他の手法等との関連などを紹介する.また「データを直接用いる」といえど,動特性を表す「モデル」という概念は非常に重要な役割を演じており,モデルベースド制御とはおのおの補完しあいながら展開するものと考えている.そこで,データ駆動型制御器チューニングの一つの展開として,講演者が近年取組んでいる,制御器とモデルを,制御仕様を反映しながら,データ駆動制御により同時に更新する手法についての一連の研究も紹介する.最後に,データ駆動制御として取組むべき課題と今後の展開についても述べる.

講師略歴

金子 修(かねこ おさむ)君

1994年  3月  長岡技術科学大学大学院工学研究科修士課程修了
1994年  4月~1996年3月  石川島システムテクノロジー株式会社勤務
1999年  3月  大阪大学大学院基礎工学研究科後期博士課程単位取得退学
1999年  4月  大阪大学大学院基礎工学研究科助手
2007年  4月  大阪大学大学院基礎工学研究科助教
2009年  4月 金沢大学理工研究域電子情報学系准教授
2015年10月 電気通信大学情報理工学研究科知能機械工学専攻教授,現在に至る.
システム制御の理論と応用,とくに,データ駆動制御の理論と応用の研究に従事.
2008年システム制御情報学会論文賞・砂原賞,2012年計測自動制御学会論文賞,2015年同学会制御部門パイオニア技術賞を受賞.博士(工学).
計測自動制御学会,IEEE,システム制御情報学会,電気学会などの会員.